フィンカーはAGA治療薬でもジェネリック医薬品の部類に入るため、価格が安く定期的に購入するには最適なお薬となっています。フィンカーがどの程度脱毛を改善してくれるのか実際のところ調査しました。

脱毛箇所に合わせた治療薬を選ぼう

薄毛や抜け毛に悩んでいる人は、治療を始めるにあたってその脱毛の原因が何であるかを特定することが重要になります。
近年、男性に多い脱毛症としてAGAがありますが、専門的なクリニックで脱毛箇所を調べると薄毛の原因がAGAによるものなのか、それ以外の原因なのかを知ることが出来ます。
脱毛箇所を検査して高濃度のDHT(ジヒドロテストステロン)が確認出来た場合は、AGAであることがわかるので、それに合わせた治療薬で治療をしていくことになります。
AGAの治療薬としてよく使用されているのがプロペシアですが、有効成分としてフィナステリドを持つ内服薬で、AGAの原因となるDHTを生成するのに必要な5α-リダクターゼを阻害することでDHTの産生を抑えることが出来ます。
これにより髪の毛の成長期が長くなり、細くなった髪の毛にコシが出てきたり、休止期にある毛穴からも毛髪が成長するようになる効果が期待出来るので、AGAによる薄毛を改善することが出来るとされています。
プロペシアと同じ分類の薬に、プロスカーという前立腺肥大用の薬があります。
そのプロスカーのジェネリック医薬品となるのがフィンカー5mgです。
プロペシアは1mgのフィナステリドを含んでおり、AGA治療に有効となりますが、プロスカーとフィンカー5mgはもともと前立腺肥大用の薬であるため、プロペシアよりもフィナステリド含有量が高くなっており、飲む際には容量を自分で調節する必要があります。
つまり、フィンカー5mgをAGAのために服用する場合は、ピルカッターなどで1/5の大きさに切って飲むという方法になります。
フィンカー5mgは個人輸入サイトなどで通販が出来ますが、利用する前には自分がAGAであるかどうかを医師による診断で知っておく必要がある他、副作用としてED症状などが報告されており、妊婦は触ることも禁忌であるなど使用にあたって厳重な注意が必要な薬です。