フィンカーはAGA治療薬でもジェネリック医薬品の部類に入るため、価格が安く定期的に購入するには最適なお薬となっています。フィンカーがどの程度脱毛を改善してくれるのか実際のところ調査しました。

若年化するAGA発症率

近年では若年層においても珍しくない悩みとして、抜け毛や薄毛の悩みを持っている人が増えています。
抜け毛や薄毛が増加している原因としては、不健康な食生活や生活習慣にあると考えられています。
男性の脱毛症の原因は、頭頂部や髪の毛の生え際が薄くなってくる症状が多いために男性ホルモンの影響を受けている場合が多いです。
最近は男性型脱毛症であるAGAの若年化が進んでいると言われており、20代のうちからAGAの症状が出ている人も増加しています。
日本人男性のAGAの発症率はおよそ30%ほどといわれていて、抜け毛や薄毛であることを認識している男性は1260万人います。
年齢に応じてAGAの発症率は飛躍的に伸びるわけですが、若年化が進んでいる現代では20代のAGA発症率も12.5%となっています。
AGA治療を受けられる医療クリニックなどもありますが、通販などを利用してAGA治療薬を購入することで対策する方法もあります。
医療クリニックなどで治療を受けるときには費用が高くなることが考えられますので、若年層にとっては大きな出費になってしまいます。
AGA治療薬としてはプロペシアなどにも含まれているフィナステリドを配合している薬として、フィンカー5mgがあります。
フィンカー5mgは、男性型脱毛症に効果があると考えられているフィナステリドを主成分として配合しており、頭頂部や生え際の薄毛の原因となる男性ホルモンの生成を抑制する働きがあります。
AGA治療を行うときには、1日あたりのフィナステリドの摂取量に上限が定められており、1日の上限は1mgとなります。
フィンカー5mgは1日の摂取上限量の5倍の量が含まれていますので、分割して服用します。